カードローン おすすめ 返済 過払い金

もしかしたらあなたも過払い金請求が必要かも知れません。

近頃はテレビで頻繁に「過払い金請求はお早めに」と言うようになりましたよね。

 

「自分には関係ない」と思っている方の中にも、2006年以前に消費者金融などからお金を借りた覚えのある方もいるのではないでしょうか。

 

もしあなたにも思い当たることがあるならば、急いで過払い金請求をする必要があるかも知れません。

 

現在もまだ返済中という方、もう借金は完済したという方のどちらでも過払い金請求は可能です。

 

過払い金請求の必要の有無を確かめるには、2006年以前にどのくらいの金利を支払っていたかの確認が必要になります。
【参考:債務整理のすすめ

 

過払い金請求ってどんなこと?

過払い金とは文字通りに払い過ぎた利息のことであり、そして払い過ぎた利息を取り戻すことを過払い金請求と言います。

 

払い過ぎた利息と言いますが、それでは本来払うべき金利はどの位であったのかというと、利息制限法の上限金利である。

  • 借入れの元本が10万円未満:年利20%
  • 借入れの元本が10万円以上100万円未満:年利18%
  • 借入れの元本が100万円以上の:年利15%

ということだったのです。

 

2006年以前にこの金利よりも高い金利で利息を支払っていたならば、あなたも過払い金請求ができる可能性がありますよ。

 

そもそも過払い金はなぜ発生したの?

そもそも過払い金がなぜ発生したのかというと、その理由は当時、金融機関が融資を行う際に適用される2つの法律、「利息制限法」と「出資法」の上限金利が異なっていたということにあったのです。

 

現在、出資法は利息制限法と同じ上限金利となっていますが、当時は出資法の上限金利は29.2%であったため、消費者金融などは罰則規定があり高い方の金利でもある出資法の上限金利で融資をしていたのです。

 

そこに本来支払うべき利息制限法の上限金利と本来支払う必要のない出資法の上限金利の間に差が生まれたのです。

 

そしてそれが「グレーゾーン金利」と呼ばれるものであり、「払い過ぎた利息」が発生する原因となりました。

 

過払い金請求には注意が必要!

払い過ぎた利息を取り戻せる過払い金請求ですが、もしあなたもカードローンの過払い金請求が可能と分かったならば、早急に手続きを行うことをおすすめします。

 

過払い金請求を急がなくてはならないその理由は「時効」にあり、過払い金請求には「完済から10年」という決まりがあるのです。

 

基本的にはグレーゾーン金利の廃止が決まった2006年以前にカードローンやキャッシングの返済をしていた方が対象となります。

 

それでも可能性としては実際にグレーゾーン金利の廃止が施行された2010年までは過払い金請求が可能となるかも知れません。

 

カードローンの過払い金請求については弁護士などへの相談がおすすめです。

 

現在返済中の方は過払い金請求でブラックになる可能性も

2006年以前にカードローンで借りたお金を現在も返済中という方にも、過払い金請求はおすすめです。

 

もっとも、現在も返済中ということならば時効は発動しませんので、今すぐ手続きを取る必要はないと言える部分もあります。

 

ただし、カードローン返済の過払い金請求により借金自体が無くなる場合には早めの過払い金請求はおすすめできます。

 

一方、過払い金請求をしても債務が残ってしまう場合には、「債務整理」とみなされてブラックリストに載ってしまう可能性が高くなります。

 

過払い金の計算や実際の過払い金請求の手続きは、専門家でないと知識がない・経験がないなどの理由で難しいと言えます。

 

払い過ぎた利息をどうしても取り戻したい、それでも現在カードローンの返済中のためブラックになると困るという方についても、やはり早めの法律家などへの相談がおすすめと言えます。