カードローン 審査

審査の甘いところはない!審査に通らない理由は主に3つ

銀行や正規登録の消費者金融ならばしっかりとした審査を実施しているため、闇金でない限り審査の甘いところはないです。そのため時にはカードローン審査に通らないこともあるでしょう。

 

カードローン審査に落ちた場合、審査に通らない理由で考えられるのはどんなことでしょうか。

 

実際に審査に通らない具体的な理由を知ることは、殆どの金融機関でその理由を公開していないため難しいです。それでもカードローン審査に落ちる理由として考えられるのは3つほどあります。

カードローンの審査に落ちる理由

  1. 少なくとも5年以内に債務整理をしている
  2. 1カ月に3つ以上のカードローンに申込んだ
  3. 以前にカードローン返済や携帯端末の分割払いなどで長期の延滞をしたことがある

カードローンの審査に落ちる理由にはいろいろなことが考えられますが、主なものは上記の通りとなるのです。3つの審査に通らない理由について詳しく解説していきます。

 

いずれも、いわゆる「ブラック」になる主な理由と言えるのです。

 

少なくとも5年以内に債務整理をしているためブラックに

「ブラックリストに載る」という言葉を聞いたことがある方は多いと思いますが、一般的に知られているブラックとは、自己破産や任意整理などの債務整理が原因でどこからもお金を借りれない状況になるということでしょうね。

 

債務整理の内容


・任意整理:弁護士などを通じて業者と話し合い、返済額や返済方法を決めます
・民事調停:裁判所に調停を申し立て、調停の場で業者と話し合い、返済額や返済方法を決めます。
・民事再生手続き:将来の継続的な収入から借入金を返済する計画を立て、その計画を裁判所が認めれば、その計画にしたがって返済をすることによって残りの債務が免除されます。
・自己破産:裁判所に対し、債務者が「破産」していることを宣告するように個人が申し立てます。
(引用:一般社団法人全国銀行協会HP「教えて!くらしと銀行・多重債務者になってしまったら」

 

ブラック入りした場合には最高で5年間は信用情報機関に事故情報が登録されるため、この期間はカードローン審査に通らない可能性がとても高くなります。

 

この期間中にお金を借りたい場合には、会社や親・友達などに借りるしかないと言えるでしょう。また低所得世帯ならば国の貸付の利用(参考サイト:厚生労働省HP「生活福祉資金貸付制度」の利用が可能です。

 

1カ月に3つ以上のカードローン申込みはNG!

一般的に1カ月に3つ以上のカードローンに申込みをすると「申込みブラック」と言われる状況になると言われています。

 

「どうして他の金融機関に借入れの申込みしていることがわかるの?」と疑問に思う方は多いでしょう。

 

金融機関ではカードローンの申込みがあると、個人信用情報機関に本人の信用情報を照会します。その際には申込み情報も登録されますので、他の金融機関が照会を行った場合にも、すべての履歴を知ることができるシステムになっているんです。

 

信用情報の照会でその人が1カ月にいくつの申込みをしているか分かってしまうため、一時期に複数の申込みをしていると「よほどお金に困っているのかも知れない、これでは返済が心配」と判断されることになり、審査に通らないリスクが高くなるというわけです。

 

申込みブラックになったら最低でも6カ月あける

カードローン審査に通らないことで申込みブラックになっていることに気付いた時には、その後やみくもに次の金融機関に申込みをしても審査に通らないばかりか更に状況を悪化させるだけです。

 

申込みブラックになった場合には、最低でも6カ月の期間をあけてから改めてカードローン審査を受けることをおすすめします。

 

その理由は、申込みブラックについては最低でも6カ月は個人信用情報機関で申込み情報が登録されると言われているからです。

 

カードローン返済や携帯端末の分割払いの延滞でブラックに

一般的には、カードローン返済や携帯端末の分割払いを3か月以上滞納すると、個人信用情報機関に「異動情報」として登録されると言われています。

 

特に携帯端末の分割払いは、携帯キャリアへ支払う携帯料金に含まれているため、借金をしている感覚がなく、支払いを延滞してしまうという方もいるでしょうね。

 

他にはテレビショッピングや通信教育などの分割払いでの長期延滞でもブラックの対象となります。このようなことで気付かない内にブラックになっている可能性があるので、支払いについては充分な注意が必要です。

 

返済の延滞によるブラックは最長5年間は登録される

カードローンや携帯端末、その他のローンで返済の延滞があると5年間は延滞情報が登録されます。

 

この期間中は審査に通らない可能性が高くなるため、新たなローンの申込みは避けることをおすすめします。

 

カードローン審査に通らないと困る!審査に必要な知識とは?

どうしても即日でお金を借りたい、と言うよりも貸してくれないと困るという時に思うのは、審査に通ることができるか</span>ということでしょう。

 

金融機関でカードローンを利用してお金を借りるには、まず審査に通る必要があります。審査に通ることができれば、あとは契約・借入れと続いていき、カードローンから即日でお金を借りることも可能になるんです。

 

そのため、カードローンの申込みをする前に審査についてある程度のことを知っておくことがおすすめとなります。

 

カードローン審査のポイントは主に2つ

カードローン審査では、主に2つの手続きが行われています。

カードローン審査で確認される2つのこと

  • 申込の内容を元に行う属性のチェック
  • 個人信用情報機関への信用情報の照会

申込みの内容を元に行う属性のチェックには在籍確認も含まれています。

 

勤務先に直接電話が掛かってくることがあるということは覚えておいてくださいね。また、属性については内容次第で審査に不利になることもあるので、以下でもう少し説明することにします。

 

更に、あなたの信用情報は個人信用情報機関で確認されることになるため、カードローンの申込みに嘘を書かないことがおすすめと言えるでしょう。

 

審査で不利になる属性とは?

初めに属性とは、その人のパーソナルな情報のことであり、たくさんの項目があります。

 

審査で不利になる属性

審査でチェックされる項目 不利になる属性
年齢 20歳以下、年齢が高め
職業や勤務先・雇用形態 正社員でなく派遣社員・パート・アルバイト
勤続年数 1年未満
年収 極端に少ない、毎月安定していない
居住年数 1年未満など年数が浅い
住居形態(持ち家・賃貸) 持ち家より賃貸の方が不利に
住宅ローンや家賃の月額 ローンや家賃が高額
家族構成 家族の人数が多い
自宅の電話の有無など電話に関する情報 固定電話がない
健康保険証の種別 社会保険でない

ただしこれは一般的な目安であり、属性はトータルで評価されるものなので上記の項目に該当することがあるからといって、必ずしもカードローン審査に通らないということではありません。

 

まずはカードローンに申込みしてみることをおすすめします。

 

カードローン審査は銀行と消費者金融で異なる

カードローン審査は、銀行と消費者金融では基準が異なっています。

 

銀行カードローンの審査は最も厳しく、消費者金融の審査はそれよりも柔軟な内容となっているんです。専業主婦や学生の方の審査についても利用は可能となっていますが、その代わりに審査に通りにくい部分もあるのは事実と言えるでしょう。

 

更には、銀行カードローンの方が消費者金融より多くの項目で審査が行われているという口コミの評判もあります。

 

カードローン審査に通りやすくなるには?

カードローン審査に少しでも通りやすくなるには、必要な金額のみ、年収に対して返済可能な金額を希望することがおすすめです。

 

そのためにはカードローンの返済シミュレーションで、借入れ金額ごとの毎月の返済額を算出してみることもおすすめします。

カードローン審査に落ちた!審査に通らない考えられる理由とは?記事一覧

専業主婦がお金を借りたい時、誰にも内緒で頼れる所とは?今や10人に1人は貸金業を利用している時代ですので、専業主婦の方が「旦那に内緒でお金を借りたい」と思うこともあるでしょう。(以下の図を参照)実は多くの人が貸金業から借金している!(出典:日本貸金業協会「日本人の?人に1人は貸金業者のサービスを利用している!」)家計費の不足・急遽必要な子供の教育費・どうしても欲しいものがあるなど、その理由はさまざ...

在籍確認はどうして必要なの?初めてカードローンを利用する場合、「在籍確認はどうして必要なの?」と思う方もいると思います。またできることなら在籍確認を避けたい、職場に電話が来るのは困ると思うことでしょう。在籍確認とは、申込みの時に伝える勤め先に本人の在籍を確認する手続きのことで、通常は電話確認が一般的となっています。勤め先に申込みの金融機関から電話が入ることを考えると、正直ドキドキしてしまうこともあ...

銀行カードローンの審査は保証会社が行っている銀行カードローンで借入れしたい時に、銀行や保証会社が実施する審査に通らないとお金を借りることはできません。保証会社とは銀行からお金を借りた人が返済できない場合に、「代位弁済」によって銀行にその債務を保証するという役割を担っている会社のことです。(以下の動画を参照)代位弁済の流れについて(出典:YouTube「保証会社が代位弁済したときの時効期間はどうなり...

学生でも特に大学生ならば大きなお金が必要になることも学生の中でも特に大学生ならば、高校生時代は勉強で手一杯で未経験だったアルバイトを始める方も多くなるでしょう。大学生にもなるとお洒落に気を遣うようになり、欲しい洋服やバッグ・靴・化粧品などの購入に大きなお金が必要になることもアルバイトを始める理由の一つかも知れませんね。また大学でのサークル活動やコンパなどの交際費で、高校生の時とは比べものにならない...

カードローンの申込みで希望額が大きいと審査に通らないこともカードローンの申込みをする時に記入する項目には借入れの希望額もあり、この金額が余りにも大きいと審査に通らないという結果になることもあるのです。審査が甘い闇金ならば大きな金額を借りることができるかも知れませんが、安心安全に利用できる金融機関では審査でマイナス要因となってしまいます。最悪は審査に通らないこともあるのです。審査に通るためには自分の...