カードローン おすすめ 審査 在籍確認

在籍確認はどうして必要なの?

初めてカードローンを利用する場合、「在籍確認はどうして必要なの?」と思う方もいると思います。またできることなら在籍確認をパスしたいと思うことでしょう。

 

在籍確認とは、申込みの時に伝える勤め先に本人の在籍を確認する手続きのことで、通常は電話確認が一般的となっています。

 

勤め先に申込みの金融機関から電話が入ることを考えると、正直ドキドキしてしまうこともあるでしょう。

 

ですが本当に本人がその勤め先に在籍しているのか確認する必要があり、その人に確実に返済する能力があるのか判断する大事な要素となるのです。

 

また申込み後に自宅に電話確認が来ることもあります。こちらも申込みで伝えた自宅に本当に住んでいるのか確認を取るのが目的となります。

 

ですが、その際に職場や家族にバレないか心配になることもあるでしょう。絶対に内緒にしたい人にバレない在籍確認はあるのでしょうか?

 

親や旦那・職場にバレない在籍確認はある?

カードローンでお金を借りるには審査に通らないといけないため、審査の一環となっている在籍確認や電話確認をクリアする必要があるんです。

 

そこで親や旦那さんなど家族に内緒でカードローンでお金を借りる時、また職場の誰にもカードローンの利用を知られたくない時には、誰にもバレないで在籍確認を受ける必要がありますが、そんなことは可能なのでしょうか。

 

銀行や大手消費者金融なら在籍確認も安心!

審査が甘い金融機関ならば、在籍確認を省略してしまうこともあるでしょう。また在籍確認を実施したとしても配慮に欠けることもあると思います。

 

安心してカードローンを利用するには、敢えて在籍確認をしっかり行っているカードローンでお金借りる方が、在籍確認の配慮もきちんとしてくれるので安心ですし、おすすめです。

 

銀行と消費者金融の在籍確認とは?

銀行では「○○銀行です」と名乗ることはあるようですが、銀行からの電話ならあなた以外の方が電話を取ったとしても、「住宅ローンのことで電話が掛かってきた」などの言い訳もできるでしょう。

 

一方、消費者金融の在籍確認については、「○○ですが…」と個人名を名乗ってくれます。その時点で同僚などに消費者金融の在籍確認であるということはバレないと言えます。

 

在籍確認の流れについての例を具体的に説明します。

  1. 金融機関:「○○ですが、●●さんはいらっしゃいますか?」
  2. 勤め先:「(不在の場合):今席を外しております」
  3. 金融機関:「わかりました」

ということで、電話はすぐに切れて在籍確認は終了となります。

 

またあなたが電話に出ることができた場合では、住所や生年月日などいくつかの質問をされることもあります。それでも短時間で終了しますので過度に緊張することなく、リラックスしてカードローンの在籍確認に臨まれることがおすすめです。