カードローン おすすめ 審査 専業主婦

専業主婦がお金を借りたい時、誰にも内緒で頼れる所とは?

専業主婦の方でも旦那さんに内緒でお金を借りたいと思うこともあるでしょう。家計費の不足・急遽必要な子供の教育費・どうしても欲しいものがあるなど、その理由はさまざまであると思います。

 

そんな時に頼りになるのは、親や姉妹・友達でしょうか?確かにそれも正解と言えるでしょう。ただし必ずしも必要としているお金を貸してくれるとは限りませんね。

 

それならば審査はありますが、金融機関からカードローンでお金を借りた方が便利だし手っ取り早いと言えるかも知れません。

 

専業主婦がカードローンでお金借りるならおすすめは銀行

専業主婦の方が旦那さんに内緒で金融機関でお金を借りるなら、銀行カードローンがおすすめとなるんです。正確には専業主婦が旦那さんの承諾もなくお金借りれるのは、銀行しかないということになります。

 

銀行でも審査の際に実施される在籍確認や書類の送付などで第三者にお金を借りることを知られることがないように配慮をしていますので、旦那さんに内緒のカードローン利用も可能と言えるんです。

 

一方、特に大手消費者金融では専業主婦だとカードローン審査に通らないのが現状となっているのですが、その理由とはいったい何でしょうか。

 

専業主婦が消費者金融のカードローン審査に通らない理由

専業主婦でも旦那さんに安定した収入があれば良いのでは?と思っている方もいると思います。

 

それでも貸金業法が関係している消費者金融などのサービスでは、「総量規制」という法律により、収入のない専業主婦の方がお金を借りれないのが現状となっているのです。

 

それに対して銀行ならば、貸金業法ではなく銀行業法で融資をしているため、総量規制が対象外となる銀行カードローンなら専業主婦の方におすすめできると言えるのです。

 

専業主婦が消費者金融で借りる方法はあるの?

専業主婦の方がどうしても消費者金融でお金を借りたいなら、方法は2つしかありません。

 

専業主婦が消費者金融のカードローンで借入れする方法は、2つ。

  • パートやアルバイトを始める
  • 一部の中小規模の消費者金融で配偶者貸付を利用する

の内のどちらかしかないでしょう。
パートやアルバイトを始めることで、安定した収入を得ることが可能になり、審査の際の在籍確認を受けることもできるようになるんです。

 

配偶者貸付については以下で説明することにします。

 

一部の中小規模の消費者金融で利用可能な配偶者貸付とは?

貸金業サービスを利用する時、総量規制の影響を受けることになりますが、この総量規制の例外として「配偶者貸付」があります。

 

ただしこれには、必要な条件があります。

  • 旦那さんの承諾が必要
  • 所定の書類の用意が必要
  • 借入れ可能となる金額は夫婦の総所得に対して1/3以内

という決まりもあるため、旦那さんに内緒でカードローンでお金を借りることは難しく、夫婦関係を証明する書類の他にも用意する書類が多いことで、カンタンに配偶者貸付を利用することはできません。

 

また現在、大手消費者金融では煩雑な手続きを避けるため、配偶者貸付の取扱いはしていません。一方、一部の中小規模の消費者金融ならば、配偶者貸付が利用可能になっているんです。

 

闇金カードローンの甘い審査なら専業主婦だと通らないとは言えない

闇金なら審査が甘いため、専業主婦だとカードローン審査に通らないとは言えないでしょう。

 

ですが、「闇金ウシジマくん」の漫画やドラマを見たことがある方は知っていると思いますが、「トイチ(10日で1割の金利)」や「トゴ(10日で5割の金利)」で怖い取立てに遭うのは現実でもあり得ることです。

 

そのため「審査が甘いところは危険」という認識を持ち、専業主婦の方は銀行カードローンを利用することがおすすめです。