カードローン おすすめ 審査 シミュレーション

カードローンの申込みで希望額が大きいと審査に通らないことも

カードローンの申込みをする時に記入する項目には、借入れの希望額もあり、この金額が余りにも大きいと審査に通らないという結果になることもあるんです。

 

審査が甘い闇金ならば大きな金額を借りることができるかも知れませんが、安全に安心して利用できる金融機関では審査でマイナス要因となってしまいます。

 

そのためには自分の収入で返済できる金額を希望する必要があるため、ホームページに用意されているカードローンの返済シミュレーションを利用することがおすすめです。

 

返済シミュレーションを活用する!利用のメリットとは

「カードローンでお金を借りたいけど、返済が心配」という時には、どの金融機関のホームページでも用意されていて、カードローン利用に便利な返済シミュレーションの利用がおすすめです。

 

返済シミュレーションを利用するメリットを挙げます。

  • 毎月の返済金額や利息を自分で算出できる
  • 追加の借入れをした場合の毎月の返済額が自分で算出できる
  • 金利の算出がカンタンにできる

などがあります。

 

また、追加の借入れにより元金が増える場合、返済をすることにより借入元金が毎月少しずつ減って行く場合のどちらでもが返済シミュレーションを利用は便利です。

 

電話で借入先の金融機関に問い合わせすることも可能ですが、毎月のカードローンの返済額や利息の金額を自分で算出できることは、返済計画を立てる上でとても便利であり、返済シミュレーションの大きなメリットと言えるため、おすすめです。
【参考:お金丸のマネーガイド「返済に困らないように注意!返済シュミレーションを利用」

 

大手の返済シミュレーションには2つの方法がある

どこの金融機関でも「返済シミュレーション」という名前でサービスを提供しているのですが、特に大手の銀行・消費者金庫ではどちらも2つの返済シミュレーションを利用できるようになっています。

 

大手の返済シミュレーションの方法は2つ。

  • 返済回数から毎月の返済額を算出する
  • 毎月の返済金額から返済回数を算出する

という2つの方法があり、必要に応じてどちらかを使い分けできるようになっているんです。

 

返済シミュレーションは、どちらの方法も毎月の収入からどのくらいの金額までなら返済に回せるか考える時に非常に役に立ちます。

 

上記の2つの方法では基準となる項目を返済回数にするか、返済金額にするかということで使い勝手の違いはあります。

 

それでも、どちらにしても毎月の返済額を決める時に便利であり、カードローンを利用する方には返済シミュレーションの活用がおすすめです。

 

返済回数から毎月の返済額を算出する方法とは

返済回数から毎月の返済額を算出する方法は、返済回数を想定した場合の毎月の返済額を知りたい場合に便利です。

 

返済シミュレーションのフォームに入力する項目は、3点を意識しましょう。

  • 借入金額
  • 返済回数
  • 借入利率

の3つのみであり、スピーディーに毎月の返済額を算出することができるので手間も時間も掛かりません。

 

消費者金融で10万円借りる時の毎月の返済額をシミュレーション

例えば大手消費者金融の返済シミュレーションのフォームで調べてみましょう。

  • 借入金額:10万円
  • 返済回数:24回
  • 借入利率:18%

と入力してシミュレーションすると、毎月の返済額は約5000円と瞬時に算出されるんです。

 

またこれでは毎月少しキツイという場合、返済回数を32回に増やすと、毎月の返済額は約4000円と算出されます。

 

この方法ではこのようにカードローンの返済額を調整したい場合にもおすすめと言えるでしょう。

 

毎月の返済金額から返済回数を算出する方法とは

毎月の返済金額から返済回数を算出する方法は、毎月の返済額を想定した場合の返済回数や完済の時期を知りたい場合に便利です。

 

返済シミュレーションのフォームに入力する項目は、

  • 借入金額
  • 毎月の返済金額
  • 借入利率

と、こちらも3つのみの入力で素早く返済回数を算出することができます。

 

少しでも早くカードローンを返済したいという方は、こちらのシミュレーションがおすすめとなります。

 

消費者金融で10万円借りる時の返済回数をシミュレーション

例えば大手消費者金融の返済シミュレーションのフォームで調べてみましょう。

  • 借入金額:10万円
  • 毎月の返済金額:5000円
  • 借入利率:18%

と入力してシミュレーションすると、返済回数は24回と算出されます。

 

また、考えてみたら毎月5000円は少しキツイので4000円に変更すると、返済回数は32回となるんです。

 

この方法ではカードローンの返済回数を調整したい時におすすめとなります。